スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験生へ伝えたいこと[8][9]

【8】模試との向き合い方
【9】センターリサーチの結果との向き合い方
【8】模試との向き合い方

俺の場合は「模試とは付かず離れず」をモットーにしてました。

全統記述など
 →本番と問題形式が違うので判定が悪くても落ち込まない。本番の問題が解ければ良いのさ!
  しかし、全統記述の問題がまともに解けないようでは難関大は危ないので結果が悪かったら反省してよりいっそう勉強しました。

全統マークなど
 →一橋の場合正直足切りされない点を取ってればおk。(Cぐらいの判定になるけど80%あれば問題なし)
  あと「本番換算点」はあてにしないこと。 ただ理科は本気でがんばれ!

大学別模試
 →問題も概ね本番そっくりだし、母集団も本番に近いので、この模試の判定は真摯に受け止めるべき。
  ただ、A判定だと受かる人が多い、E判定だと受かる人が少ないというだけのことであって、
  プレだけでは100か0かは決まらない。その後の頑張りが大事。

【9】センターリサーチの結果との向き合い方

国立かセンター利用かによって大きく向き合い方が異なってくると思います。

・国立の場合
まだ2次試験が終わっていないのだから判定はあてにしないほうがいい。(2次比重が半分以上の大学の場合)
なぜなら、この判定はセンター試験の点数だけで出した判定だから。2次の結果まで予想したものではないんです。2次で挽回しようず!
センターの比重が重いのに最低判定を出してしまった場合のみ受験校の変更を考慮したほうがいいと思う。

注意して欲しいのが東大・一橋など足切りのある大学。
各予備校がセンターリサーチで足切り予想ボーダーを発表しますが、
これが出願動向を大きく変えます(^^;
特に多いのが、東大文一⇒東大文三、東大理一⇔理二、一橋商⇔経済、東大文一⇒一橋法、東大文Ⅱ⇒一橋商・経済、東大文Ⅲ⇒一橋社学etc...の移動。
ものすごい移動があると足切り予想はことごとく外れてしまいますw

なお、一橋の場合、出願締め切りまで出願状況の途中経過が2回更新されるのですが、
「途中経過で倍率の高い学部は最後まで高い」
去年と今年は少なくともそうでした。足切りギリギリで迷ってる人はあくまで参考までに。(責任は負いかねます)

・センター利用の場合
センター試験を受け終わった時点で、白黒ついてます。判定もクソもありませんw
A~Eってのは全く関係なく、100か0かってことです。
D、Eなら素直に諦めたほうがいいです。
以下はあくまで個人的な感想です。
河合→Bあれば問題なし。C上位なら見込み十分。Cの真ん中に設定されているボーダーは結構いい所突いてる。C下位ならあまり期待しないほうがいい。
駿台→Bあれば問題なし。期待できるのはC上位までかな~。
代ゼミ→4段階評価。BとCの境界あたりがボーダー?だからB下位だったら油断しないほうがいいと思う。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

おっさー

Author:おっさー
年齢:20
性別:♂
生息地:東京都
血液型:B
1年間の浪人を経て大学生やってます。

太鼓のオワタツジンで来られた方はこちら。

大学受験関連で来られた方はこちら。

最近の記事+コメント
CalendArchive
カテゴリー
ただのカウンター
リンク
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。