スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各教科の勉強法?[地理]


勉強法?というか、現役時代~浪人終了までやったことのまとめです。地理編。

・山岡の地理B教室
使用期間:現役6月~浪人7月 約3周
暗記科目ではない地理を理論的に初学者にもわかりやすく説明してあります。
"実況中継的"な本の中ではこれが一番おすすめ。
最初の1,2周は各章のラストにまとめてある細かい用語の暗記はあまり意識せず、
とにかく地理という科目の大枠をつかむことを意識するといいです。

・パワーUP版 センター試験 地理Bの点数が面白いほどとれる本
使用期間:忘れたw 1周はしたw
山岡の地理Bには「地誌分野」が収録されてないので、「地誌分野」目当てでこれを買う人が結構居ます。
自分の場合、現役時代に筆者の瀬川聡先生に地理を教わってたのでついでに買いました。
説明は山岡の本と同じくらいわかりやすいのですが、この1冊で地理の全範囲を網羅しているため、デザインが窮屈な印象を受けました。
なお、センター試験に限らず、二次試験の対策も可能です。

・河合のテキスト&地図帳
テキストは2学期だけ受けたので地誌分野中心でしたが、よくまとまっていたので試験場にも持って行ったり。

・実力をつける地理100題 改訂第3版
使用期間:浪人4月~ 約1周半(もっとやりたかった)
第3版になって論述対策が強化され、さらに良書になりました。
かなり分量の多い問題集です。しっかり計画を立ててこなすことをオススメします。
もちろん間違えた問題を2周目でやり直すのが吉。論述問題は(91-100以外も)全部繰り返す価値あり。
用語は入試にあまり出無さそうなマニアックな所まで出題されてますが覚えて損はないかと…。

・地理用語集 改訂版(山川出版社)
高校の先生からもらいました。必須ではないと思います。
辞書的に使ってました。説明はそのまま論述問題に使えます。

・地図と地名による地理攻略 4訂版 (河合塾シリーズ)
とにかくおすすめ。普通の地図帳と合わせて持っておくべき。
受験勉強法Blog様の紹介文に全面賛成なのでこちらでは省略します。
なお、4訂版では2色刷なので、赤い文字の地名だけ覚えましょう。
これで特に入試で地名で困ることはなかったはず。(今年の一橋のⅡ以外はな・・・w)

過去問
一橋:10年分
慶應商:11年分
早稲田教育:8年分
その他MARCHをちょこちょこ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

No title

慶應商Aで平均点~弱ぐらいとるとしたらどういった勉強が必要ですか?

山岡地理Bの後、何をすればいいか教えてくださいm(__)m

No title

>zibetaさん
それでしたら、「実力をつける地理100題」はオーバーワークなので、
姉妹シリーズの「はじめる地理40テーマ[改訂版]」を繰り返しやれば、
最低でも平均点は超えると思います。
山岡もこの本も反復が重要ですよ~。
プロフィール

おっさー

Author:おっさー
年齢:20
性別:♂
生息地:東京都
血液型:B
1年間の浪人を経て大学生やってます。

太鼓のオワタツジンで来られた方はこちら。

大学受験関連で来られた方はこちら。

最近の記事+コメント
CalendArchive
カテゴリー
ただのカウンター
リンク
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。