スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーングリーン

グリーングリーンという歌をご存知だろうか。同世代なら小学生の頃歌ったよね。
(カービィのグリーングリーンズじゃないよw)

実は、あの歌は7番まであることはご存知だろか。
長いので省略されて、3番で終わらせることもよくあること。

知ってる人は、あの明るい長調のメロディーで、歌ってて楽しかったなと思う人が多いと思う。
実際、僕も今日までそうだと思っていた。

では、実際歌詞を見ていきましょう。

(変イ長調[♭4]からスタート)
1  ある日 パパとふたりで 語り合ったさ
  この世に生きる喜び そして 悲しみのことを
  グリーン グリーン 青空には 小鳥が歌い
  グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がもえる

「悲しみのことを」が若干引っ掛かりますが、楽しい歌です。

続いて2番
(キーが1つ上がる イ長調[♯3])
2 その時 パパが言ったさ ぼくを胸に抱き
  つらく悲しい時にも ラララ 泣くんじゃないと
  グリーン グリーン 青空には そよ風ふいて
  グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がゆれる

ここで歌詞を見ると、楽しい歌であったのが一転する。
パパがぼくを抱いて、「つらく悲しい時でも、泣くんじゃない」と言うのである。
と言うことは、もちろん、何か悲しいことがあったのではないか、と分かる。

3 ある朝 ぼくは目覚めて そして 知ったさ
  この世に つらい悲しいことがあるってことを
  グリーン グリーン 青空には 雲が走り
  グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がさわぐ

これで、何か暗く悲しい過去があると言うのが明らかになった訳である。

しかし、よくこの歌は3番で「みどりがさわーぐー」と繰り返し歌って終わる、と言うことがある。
この歌に隠された歌詞、4番以降を見ていこう。
(さらにキーが1つ上がる 変ロ長調[♭2]

4 あの時 パパと 約束したことを守った
  こぶしをかため 胸をはり ラララ ぼくは立っていた
  グリーン グリーン まぶたには なみだがあふれ
  グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がぬれる

何故「まぶたには なみだがあふれ」たのか。その理由は5番で分かる。

5 その朝 パパは出かけた 遠い旅路へ
  二度と 帰って来ないと ラララ ぼくにもわかった
  グリーン グリーン 青空には 虹がかかり
  グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がはえる

そう、パパは帰らない人となったのです。普通に死んでしまったのか、戦争に行ったのか、様々な解釈があると思います。

(さらにキーが1つ上がる ロ長調[#5]

6 やがて 月日が過ぎゆき ぼくは知るだろう
  パパの言ってた ラララ 言葉の意味を
  グリーン グリーン 青空には 太陽がわらい
  グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑があざやか

そして7番。

7 いつか ぼくも 子供と 語り合うだろう
  この世に生きる喜び そして 悲しみのことを
  グリーン グリーン 青空には かすみたなびき
  グリーン グリーン 丘の上には ララ 緑がひろがる

パパが言ってた言葉の意味は
生きる=喜び 死=悲しみ ということでいいのだろうか。

いずれにしろ、この歌には明るいメロディーの裏に、深い意味があるのを知っていただきたい。
あくまで自分なりの一つの解釈であり、他にもさまざまな解釈が可能だと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

おっさー

Author:おっさー
年齢:20
性別:♂
生息地:東京都
血液型:B
1年間の浪人を経て大学生やってます。

太鼓のオワタツジンで来られた方はこちら。

大学受験関連で来られた方はこちら。

最近の記事+コメント
CalendArchive
カテゴリー
ただのカウンター
リンク
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。