スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早稲田大学政治経済学部成績開示(&早慶入試を振り返る)

お久しぶりです。次の更新は開示のことにしようと思ってたら、もうこんな時期に…w

今年は3勝1敗だった早慶入試。手応えがあったのは慶應商だけだったのでびっくりでした。

唯一敗北を喫した早大政経の開示結果が来たので晒します。

早稲田大学政治経済学部 経済学科
   配点 素点 調整後 平均点(素点)
英語 90  50  ------ 42.285
国語 70  46  ------ 44.534
数学 70  **  43.581 19.654
合計得点 139.581
合格最低 147.5

ということで約8点足りませんでした。
惜しくはないし、論外というわけでもない、コメントに困る点差w

英語が予想以上に取れてない…英作文の配点が大きい&採点が厳しいんでしょうね。

当日は全教科とも微妙な手応えだったので、こりゃ落ちたなとは思ってました。

数学は相当難しかった気がしたんですけど、やはり平均点も過去最低レベル。

ちなみに簡単な標準化後得点を計算する謎の公式[(素点-平均点)+配点の半分=標準化後の得点]を用いると、

(素点-19.654)+35=43.581
推定素点=28.235

素点予想は大体30点ぐらいかなとみてたので、当たってました。



そして、今年の受験最大の謎、絶対に落ちたと思った早稲田商合格。

合格者には自分の点は通知されないのですが、素点平均は教えてくれました。

それを見たら少しは謎が解けた気がします。

早稲田大学商学部(点数は素点平均)
英語 31.511/80
国語 30.860/60
数学 20.896/60
合格最低点 128.217

英語の平均低っ!

本番の手応えは、英国はまあまあ、数学で盛大に死亡したので、あーあ落ちたな…と思ってました。

予備校の解答速報と照らし合わせると、
英語8割、国語7割弱、数学3割という感じで、
英語が予想以上に出来てたのはいいんだけど、商学部の英語は早稲田で1,2を争う簡単なものなのでこりゃ平均高いからダメだな・・・と思ってました。

けど、蓋を開けてみればこれ。やっぱり英語って大事です。
英語で他の受験生と二十数点突き放して、結果的に数学が死んでも何とか逃げ切ったんだと思います。


ついでに、慶應のHP見たら今年度の入試結果が更新されてました。

商学部A方式は易化でどこまで最低点が跳ね上がるか!?とハラハラした波乱の年だったけど、
なんと最低点、294点。過去十数年で2番目の高さ。
2chのスレに上がってた予想配点をもとに自己採点をしたら約320点でウハウハしてたんですが、そこまで余裕というわけでもなかったみたい。

そして、経済学部A方式の最低点は259点(正規合格)。足切り点は109点と、両方とも思ってたより低めです。
だから補欠Aで拾って頂いたんですね・・・。
補欠Aということなので、最低点-1or-2で自分の得点は257or258かな。
250点ぐらいだと思ってたので、あるとすれば自由英作文か小論文で思ったより点をくれた可能性があります。


では、また土曜日に近況報告でも。
スポンサーサイト
プロフィール

おっさー

Author:おっさー
年齢:20
性別:♂
生息地:東京都
血液型:B
1年間の浪人を経て大学生やってます。

太鼓のオワタツジンで来られた方はこちら。

大学受験関連で来られた方はこちら。

最近の記事+コメント
CalendArchive
カテゴリー
ただのカウンター
リンク
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。