スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年一橋の問題を見てみる

ガチで解いたのは数学&地理のみなので、英&国はザッと流しますw
受験生と同じ目線からの評価になればいいなーと思います。

[英語]
誤文訂正問題が初登場。
この大問自体はちゃんと文法を勉強していれば難しくはないけど、
最低でも5分は時間を取るので、全体の分量が増えたかなという印象。
時間ギリギリで解いてた俺にとっては、自分らの年に出なくてよかったと思ってます。

[国語]
「今年こそ古文出るぞ」と言われ早数年。やっと出ましたww
どうせ慶應以外の私立も併願する人がほとんどでしょうから、
文語文も古文も両方やっとけ、ってことですね。
要約は内田樹の文章だったのかー。


以下長いので続き。

[数学]
ちゃんと2時間測って解きましたよーw
Ⅰ(ほぼ完答)
パッと見た時は「おっ!?」って思いましたが、
あの問題条件からは、余弦定理ぐらいしか式が立たないので
あとは代入すれば普通にいつもの不定方程式に帰着できます。(1)(2)は落とせないね。
(3)は同様に最新の注意を払いながら(x-◯)(y-◯)=△の形の不定方程式に帰着して、
△の約数の個数の問題であることに気づけたかがポイントですね。
あとは条件より求める個数が△の約数の個数の半分、あとx-◯、y-◯が負に成らないってことの説明が、
採点にあたって、どの程度必要になってくるかよくわかりません。
駿台代ゼミは丁寧に証明してます。俺は東進の解答程度の説明でしたが、これでごまかしてもあまり減点はないと思います。
ストレートな整数問題をおまけ程度にひねった感じでした。去年のはド直球だからなぁw

Ⅱ(ほとんど解けず)
問題自体は至ってシンプル。しかし、やりにくい。良くできてる問題だと思いました。
点対称なグラフなので、共有点は2or4or6個ってことは何となく予想できたのでは。(a=0を忘れずに)
それで、みんないろいろな図を書くと思うのですが、
俺は解いていて「本当にこの図が成立するのか!?」って疑念が常にまとわりつき…
(aの値が変化するとグラフの形が厳密にどのように変わるかが予想がつきにくく、
予想できたとしても、実証するのが難しそうに感じてしまい、手が動かなかった)
予備校の解答を見てると、成立するものとして計算でゴリゴリ証明しながらaの値を求めていけばよかったんですね。
これは意外と差が付く問題かな。問題自体はシンプルなので出来る人はスラスラ出来るかと。

Ⅲ((1)のみ正解)
問題を見た時の印象→「えっ、1次変換じゃないのこれ?数Cじゃんw何だこりゃw」
とりあえず問題条件に従って、適当にやってると恒等式が出てきたのでは。
それを何となく解いてたら、あ、(1)終わった。って感じでしたw
(2)は、うん、何かビビってしまった。(1)に従って、やることは一本道だったのにねぇ。
結構謎な問題でした。「何かよく分かんないけど、解けたわ。」って人がそれなりに居るのかな?

Ⅳ((1)のみ正解?)
空間ベクトルの問題と言うよりは、頭の柔らかさを測る問題に見えます。
どう採点されるかが疑問。
これ、言葉による説明と図だけで解いた人が多いんじゃないでしょうか。
一方予備校の解答は、丁寧に座標置いて式を立てて、ベクトルを使って軌跡を求めてます。
当然これで完璧な答案ですが、言葉による説明と図だけで解いた人にはどのくらい点が入るのか未知数。
もろちん答えが出てればある程度の得点は貰えると思いますよ。
(2)は2点が動くので片方固定して考えるという定石ですね。頭が柔らかくない俺には厳密な領域が描けず終了。

Ⅴ(完答)
(1)が全て。
今年もまた誘導なしで確立漸化式を作らなければならない問題です。
俺の頭の中には「確立漸化式の問題は必ず誘導あるだろ!」という謎の固定概念があったので去年の問題は見事に撃沈。
IMG_0293[1]
1が上面にある状態をPnと置いて、こんな感じの図が描ければ(1)だけでなく完答まで行けるんじゃないかな。
一橋の確率としては標準レベル。差は付きそうだけど取っておきたいねー

総評:昨年並み

[地理]
Ⅰ(アルゼンチンの農業)
(1)ラプラタ川と湿潤パンパと乾燥パンパの性質は基本。要素を漏らさず書いて得点を稼ぎたい。
(2)大豆ってことは大体の受験生は分かったんじゃないかなぁ。増加の理由は難しかった。
大豆が何に使われるかを考えて、それの需要が増大した(→なぜ?)って思考が出来ればいいんだが。
(3)高収量品種の導入が書ければ大部分の点は貰えるはず。あとは遺伝子組換えぐらいしか思いつかなかったなぁ。
(4)グラフの判定の時点で微妙に難しいですが、「牛が減る理由がない」と考えて羊にしました。
もちろんこんな思考をしたので、羊が減ってる理由なんて思いつかず撃沈。理由は難しいよー
(5)羊の飼育に適している理由は分からなかったけど、パタゴニアの性質を書けばそのまま理由なんだろうって思ったら、そうでした。ここは稼ぎたい。

Ⅱ(東日本大震災の津波と復興)
おぉ!時事ネタか!面白そうじゃん!ってのが第一印象。
そして98年?以来の地形図出題。地形図部分の出題はあの年よりはだいぶ簡単でしたが。
1(1)時間は限られてるけど、確実に地図を読めば解けるので丁寧に。
1(2)後から調べましたが、Aが大船渡、Bは「気仙川」とあるので気仙沼?と思うかもしれませんが、実は陸前高田なんです。
 (1)より、Bの方が被害が甚大だったのは一目瞭然ですよね。でも比較しながら論述するのは苦労するなぁ。あまり満足の行く答案はかけず。
2(1)写真を見たまんま書けばいいだけ。ここは稼ぐ。
2(2)道路は行政、鉄道は民間ってことは分かると思います。鉄道好きの俺は「あぁ、あの辺は客の少ない赤字路線だ、重い腰が上がらないんだな」ってことも思い出しました。道路はその逆と考えて、そこそこの答案が書けました。
2(3)車を持たない(失った)人々の生活が不便になった、ってことを軸にすればよさげ。

Ⅲ(アフリカの航空輸送)
今回のボス大問。マジ難しい。
(1)「アフリカのハブ空港の地名だと!?」って思いましたが、地図があるので難しくないですね。
南アの経済の中心はヨハネスブルグであることに注意。
(2)「特徴を書け?見たまんまじゃないかい…特徴もクソもあるかよ…」本当に解答のポイントが絞れない問題です。代ゼミと駿台の答案も趣旨が割れてます。俺は本番だったら空欄でとりあえず飛ばしただろうな…。
(3)150字で3つの都市それぞれに言及しろとあるので、出来るだけ均等に分けましょうね。
ドバイは簡単、中東の拠点であり、建設業や石油産業の労働力になることは思いつきやすいのでは。
残り2つが難しい。労働力なんだろうけど、ドバイとの違いかぁ…って感じで手が止まる。
(4)南アフリカが経済大国であることと、その理由が書ければいいんじゃないかな。色々書けそう。

総評:昨年並み(に難しい) 相変わらず日本最強の地理入試。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

一橋に二浪はどれくらいいますか?

No title

>!さん
語学クラスが大体1クラス40人で構成されるのですが、
1クラスあたり2浪以上は0~2人ぐらいでしょうか。
うちのクラスには居ませんでしたが、他のクラスではちらほら居ると聞きます。
プロフィール

おっさー

Author:おっさー
年齢:20
性別:♂
生息地:東京都
血液型:B
1年間の浪人を経て大学生やってます。

太鼓のオワタツジンで来られた方はこちら。

大学受験関連で来られた方はこちら。

最近の記事+コメント
CalendArchive
カテゴリー
ただのカウンター
リンク
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。