スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センター試験―寸評

会場に居る半数が現役東大生という中、数の暴力に圧倒的に負けた一部の一橋生もセンターを受けてきました。

俺もご多分に漏れず、周囲8方向中、5方向を東大に囲まれましたww

まずは、受験から1年経った点数から…。地学だけ前夜に少しチェックして、あとは無勉で突っ込みました。

英語 198(!?)
リス 38
国語 115(26+16+27+46)(…笑)
ⅠA 87
ⅡB 54(´・ω・`)
地理 85
現社 71
地学 78
679/900換算

各教科の感想その他諸々は【続きを見る】で。
英語:やや易化
 なぜこんな時に自己最高点を更新するのw去年やれww
 発音/文法が簡単になりました。その代わり第4問Aがちょっと難しかったかな。

リス:やや難化
 去年より聞き取りにくかったり、選択肢の会話表現に迷うのがあったりで、少しやりにくかった。

国語:やや易化
 去年と同じ点で死亡。たま虫許さぬ。
 漢文が易、古文がやや易だったおかげで、平均点も上がりましたね。

数学ⅠA:やや易化
 確率が簡単に。第1問の後半と第3問の後半でいかに失点を防ぐかが9割突破の分かれ目。

数学ⅡB:難化
 絶対難化だと思ったのだが…。平均点はまさかの51。(昨年比-1)
 何故平均が下がらなかったかを考えると、最低限取れる問題を取っておけば5割程度は確保できるような作りになってたからだと思います。つまり去年に比べ分布がだいぶ中央に寄ったということ。上位層の平均は下がったんじゃないかなぁ。
 ちなみに俺がここまで悲惨な理由は、第2問の最初で微分係数の一致に気づかず、接線の式の一致からp,qを求めようとして10分ぐらい苦闘してたのが原因w

地理:やや難化
 所々難しい統計問題がありました。アメリカではアジア系の学歴が高いとかそこまで頭回んないよ。
 日本地理は大井川。出題するには格好の地域なのに、今年で初めて(?)出題されるのは意外でした。

現社:やや難化
 "政治経済"並の細かい知識が問われる問題が散見。今年の現社はお得じゃなかったなぁ。

地学:昨年並み
 個人的には去年より少しやりにくく感じたのですが、平均点が上がって70点に掛かりそうなので一応昨年並みということに。
 おそらくは設問の難易度差が激しかったせいかと。変成作用のアレは難しかったよねー。
 金星の計算問題は選択肢の作りが甘すぎます。図を見れば半周弱で会合するって一発で分かるじゃんw
 まぁ、結局生物も地学も、今年もなかなかお得でした。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

No title

お久しぶりです。楽しそうなことやってますね(笑)
家庭教師(とブログ)という形で受験との接点はなくなってはいませんが、
大学のテストを受けていると精神的に楽すぎるなー、と思います。
やがて懐かしき人生のひとコマ、ですな。

>ながみさん
お久しぶりです。
代ゼミの荻野先生が言ってましたが、大学に入ると、少し真面目に勉強するだけで、あっさり上位に行けるくらい皆勉強してない、ってことを嘆いてました。
文系の大学生、基本楽ですからね~
少しは勉強しないと何もないまま終わってしまう気がします。
プロフィール

おっさー

Author:おっさー
年齢:20
性別:♂
生息地:東京都
血液型:B
1年間の浪人を経て大学生やってます。

太鼓のオワタツジンで来られた方はこちら。

大学受験関連で来られた方はこちら。

最近の記事+コメント
CalendArchive
カテゴリー
ただのカウンター
リンク
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。